育毛剤まとめ【はげ薄毛予防対策】

ハゲや育毛に関するスレをまとめたサイト。リアップをはじめとした育毛剤の他、スカルプDやサクセスなどのシャンプー、カツラ、植毛、育毛グッズ、ニュースなど、髪の毛に関する情報をまとめ、リアルな口コミを集めています。

    2015年09月



    1: 毛無しさん 2015/01/28(水) 02:42:39.90 ID:JzVZu1KO.net
    30歳からプロペシア飲み始めてからすっとキープできていた髪が、7年目で抜け毛が増えて剥げてきました。

    同じような経験して何か対策出来た人情報交換お願いします。

    【【耐性】プロペシアが効かなくなった【5年後】】の続きを読む



    1: トラースキック(空)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:44:56.54 ID:TauC9LiN0.net BE:756211292-2BP(2020)
    その抜け毛…アウト!拾って「頭皮状態チェック」ここがポイント

    お風呂の排水溝に、ゴッソリと溜まった抜け毛を見て、ギョッとした経験はありませんか? 
    秋は一年の中でも、特に抜け毛が多い季節。一体、一日に何本程度抜け落ちているのか、気になるところですよね。
    また、抜ける本数だけでなく、“抜けた毛の状態”にも注意が必要です。「なんか最近抜け毛が増えたな~」で済ませていると、薄毛や白髪の増加を招くことも……。
    そこで今回は、特に気をつけたい“抜け毛の状態”について解説します。

    ■抜け毛の本数、何本以上から不安になる?
    アンファーが、20~40代男性300名に実施した「“抜け毛”に関する意識・実態調査」によると、約7割の男性が、自分の抜け毛の多さにドキっとしたことがあると回答。
    日常生活で抜け毛を実感する場面ごとに、何本以上の抜け毛があると不安を感じるか調査したところ、以下のような結果になりました。
    ・「シャンプーの時に、指に絡んだ抜け毛の合計本数」・・・19.5本
    ・「シャンプー後の排水溝に溜まった抜け毛の合計本数」・・・25.5本
    ・「部屋の床に落ちた抜け毛の1日あたりの合計本数」・・・19.0本
    ・「起床時、枕に残った抜け毛の合計本数」・・・13.7本
    場面によって、不安を感じる抜け毛の本数が異なりますが、抜け毛の本数が2ケタを超えると、見た目にも目立つことから不安にななる人が多いよう。
    髪の長い女性なら、なおさらたくさん抜けているように感じますよね。
    しかし、一般的に髪は、一日100本程度は抜けるものだと言われています。想像以上に多いですよね? 排水溝や床に落ちた抜け毛を見て、「10本も抜けてる!」など、
    そこまで神経質に悩む必要はないようですね。

    ■チェックすべきは本数よりも“髪の状態”

    以下、こちら
    http://news.ameba.jp/20141020-304/

    【ハゲって結局遺伝だよな ナダルだってフェデラーだってルーニーだって若くて健康なのに・・・】の続きを読む



    1: 幽斎 ★ 2014/09/19(金) 09:59:57.00 ID:???.net
    冷えが大敵!秋に「抜け毛を増加させちゃう」危険な食べ物はコレ
    http://news.livedoor.com/article/detail/9269045/

    さてだんだん涼しくなり、秋を感じるようになってきましたね。
    秋は食べ物がおいしい季節。でも、おいしいからといって食べすぎると、
    抜け毛につながる食べ物があるというのです! 

    実は季節の変わり目である秋は、抜け毛も増加する時期。そんな事態に追い打ちをかけないように、
    今回は、“抜け毛リスクを増加させる秋の食べ物”について、
    髪のスペシャリスト“ヘアケアマイスター“の資格を取得している鈴木康哲さんに教えてもらいました。

    ■そもそもなぜ抜け毛が増えるの?
    抜け毛が増える時期としては、暑い夏や季節の変わり目が多いとされています。
    わかりやすく言えば、動物の多くが夏毛と冬毛に変わるのと同じ原理です。
    一般的に髪の毛は1日50~100本は抜けるのが通常ですが、季節の変わり目はもう少し抜け毛が増えてしまいます。

    ■どんな食べ物が抜け毛につながるの? 
    鈴木さんによると「頭皮も皮膚なので身体を冷やしてしまう様な食べ物は血流を悪くするので、
    髪や毛根に影響を及ぼす」とのこと。身体を冷やす食べ物で、秋が旬のものといえば茄子、ほうれん草、冬瓜、ソバ、梨、柿などがあります。
    これらを食べすぎると血行が悪くなり、抜け毛に影響してしまうそうです。

    ■ではどんな物を摂取するといいの?
    では逆に髪にいい成分はあるのでしょうか? もちろんあります! 
    鈴木さんによれば、「豆製品(豆腐や大豆)のイソフラボンは髪の根本の肥料になるのでオススメです。
    いいタンパク質を摂取することでいい髪が生えてきます」とのこと。
    さらに「摂取したタンパク質を髪の栄養にするには“亜鉛”が必要で、その吸収を助けるビタミンCも
    一緒に取れるとさらにいいでしょう」とのことです。“亜鉛”を含む食べ物は、納豆、ひじき、わかめ、アーモンド、ウナギなどです。
    そう考えると、“納豆”は大豆と亜鉛を両方取れる、かなり髪にいい食べ物のようですね! 


    以上、秋に抜け毛リスクを増加させる食べ物についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 
    身体を冷やすことは抜け毛にもつながるだけでなく、様々な影響を及ぼすので注意が必要ですね。
    しかし、あまりに抜け毛を気にしすぎるとそれがストレスになり、さらに抜け毛につながってしまう可能性もあるので、注意してくださいね! 

    【【グルメ】「抜け毛リスクを増加させる」秋の危険な食べ物】の続きを読む

    このページのトップヘ